*こんにちは!

*プロフィール

*実績

こんにちは、啓子です。

 

『楽しい!』が私の原動力。

 

『可能を開く』を人生の意図として

イラストを中心にいろんなものにチャレンジしています^^

 

 

 

・・イラストレーターになるまで・・


私は小さいころから絵を描くのが大好きでした。


小学校の頃も休み時間にみんなが校庭で遊んでいるとき、 私はひとり教室でマンガを描いていました。(いわゆるオタクです^^;)

 

中学校に入ってからも友だちがアイドルに夢中になっているとき、 私はマンガやアニメに夢中。

 

高校時代にはマンガ同好会を作り仲間を集めて活動し、文化祭ではセル画やイラストを展示販売していました。

体育祭には、校舎の屋上から垂らす、他のクラスの応援幕に絵を描きました。

 

漫画家になる夢は高校を卒業してからも続き、
東京の専門学校に行きながら、卒業後はフリーターをしながら出版社へ投稿や持ち込みを続けました。

 

担当はついたものの、デビューにはいたらず、
いつの間にか漫画家になる夢は自然消滅していきました。

 

 

 

アニメ好きが高じてか、30歳を過ぎてディズニーストアに奇跡的に就職。
お店の店員から、商品部の製作を担当するに至りました。

ここで、コンピュータを使って絵を描いたりデザインする仕事に携わることになりました。

その後は、印刷会社でDTPやデザインの仕事をするようになりました。

 

 

 

ある時、とても精神的に苦しい状況に追い込まれました。
何をしていてもそのことから頭が離れず、とても苦しい思いをしました。

 

『この苦しさをなんとかしたい!』


自然に手が自分を癒すためのイラストを描いていました。
それも仕事中に…。

 

そのイラストが

ホームにある、翼のある女の子の絵の元になったものでした。


その頃に描いたイラストにはほとんど翼があります。

なぜ、そんなイラストばかり描いていたかはわかりません。

 

 

 

私が変わるきっかけが結婚でした。
不妊治療を経験し、先が見えない苦しさを経験しました。


このままでは自分が壊れてしまうと危機感を覚えました。


そして、自分を守るために
アロマやコーチングを学びました。


特にコーチングは私の可能を大きく広げてくれました。

 

 

マンガ家になる夢を諦めた私が、今ではイラストの仕事をしています。


ちなみにイラストの仕事を始めたのは、40代になってからです。
そして、今も自分の可能をどんどん広げています。


私がやりたいこと、なりたい自分
そんなことを考えたり仲間と会話するのがとっても楽しくてたまりません^^


こんな私でもここまで変われました。
きっと他の人もたくさんの可能を持っているはず。


私は、変わりたいと思う人、もっと輝きたいと思う人、もっと幸せになりたいと思う人の応援をしたいと思います。


そして、その人が幸せになることで
まわりの人たちも幸せになっていく。


そんな素敵な触発が広まっていくことを目指します。

 

イラストを通して人の可能性が広がることを意図して。

 

香西啓子

 

comicmeisipastel